お知らせ

新型コロナウイルスに関する特別相談窓口

八王子商工会議所では、「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を設置し、中小企業・小規模事業者からの相談を随時受け付けております。本ページでは各機関・関係省庁が主導する各種企業支援施策をご案内します。

金融・融資について

給付金・補助金について

2021年4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う 「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に給付します。 ※月次支援金の給付にあたっては、一時支援金の仕組みを用いることで、事前確認や提出資料の簡略化を図り、申請者の利便性を高めていきます。

緊急事態措置等に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響により、売上高が減少した都内中小企業等を対象に、国の月次支援金に対して支給金額を加算(上乗せ)するとともに、国制度の対象要件を緩和し、支給対象を拡大(横出し)して、都独自に給付します。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、都内中小事業者を取り巻く環境は、依然として厳しい状況にあります。そこで、一時支援金(国)、月次支援金(国)又は月次支援給付金(都)のいずれかを受給した中小企業者の方向けに、課題解決のための専門家派遣に加え、新たな販路の開拓や新事業への展開等を支援いたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、緊急事態宣言が延長され、その緊急事態措置期間とその後の段階的緩和期間において、営業時間の短縮が要請されることに伴い、ガイドラインをより一層遵守し、要請に全面的にご協力いただける飲食事業者等の店舗を対象として、新たに協力金を支給いたします。

令和3年7月12日から8月22日までの間、営業時間短縮等の要請に全面的にご協力いただける都内の飲食店等を運営する中小事業者に対して、要請期間後に受け付ける申請に先立ち、協力金の一部を早期支給します。

「令和元年度補正予算・小規模事業者持続化補助金」ならびに「令和2年度補正予算・小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」が公募中です。 様式4「事業支援計画書」は管轄の商工会議所で作成・交付いたします。

小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援します。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う都民の外出自粛要請等に伴い、大きく売上が落ち込んでいる都内中小飲食事業者が、新たなサービスにより売上を確保する取り組みに対し、経費の一部を助成します。
※ご注意・・・申請は1事業者1回限りです。

地域経済の活性化及び市内産業の振興を図るため、市内の中小企業等の販路拡大を目的とした事業の経費を一部補助します。

市内中小企業等の振興を図るため、中小企業等にとって最大の販路開拓の機会である展示会への出展に対する支援を行います。

新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す企業・団体等の新たな挑戦を支援します。

中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。 令和2年度第3次補正からはこれまでの通常枠(A・B類型)に加え、低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)も追加されました。

中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援します。

雇用調整助成金は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものです。 当会議所では、当補助金の申請を検討されている方向けの個別相談を実施しています。

都内中小企業者等に対し、業界団体が作成した新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン等に基づき行う取組費用の一部を助成します。

八王子市では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業の早期の経営力回復と強化を図るために、事業の継続に必要な設備の修繕・点検費用の一部を補助します。

各種支援・緊急情報

新型コロナウイルス感染症および、その蔓延防止のための措置の影響により厳しい状況におかれている納税者に対して、申告期限や納税などに関する税制上の措置が講じられております。詳しくは、ホームページでご確認ください。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら