GS1事業者コード(JAN企業コード) のご案内

JANメーカコードとは

JAN(Japanese Article Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。 JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、 在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。

JANコードは日本国内のみの呼称で、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の7桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものと、9桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものに 分けられます。標準タイプ(13桁)は、GTIN-13、短縮タイプ(8桁)はGTIN-8と呼ばれることもあります。

新規申請

申請には2週間程度かかります。
※重複申請が増えています。(担当者変更などによる)新規申請の際は、既にコードを取得していないかご確認ください。

JANメーカコードの使用には「商品メーカコード」の登録申請をする必要があります。以下の要領で登録を行ってください。

3年間の利用予想アイテム数が500アイテム以上の場合は、必要に応じて9桁GS1事業者コード(JAN企業コード)が
複数貸与されます。申請時に5万アイテム以上の企業には7桁JAN企業(メーカー)コードが貸与されます。

更新申請

GS1事業者コード(JAN企業コード)は3年ごとの更新手続きが必要です。

基本的な注意事項

GS1事業者コード(JAN企業コード)全般に関するお問い合わせ先
一般財団法人 流通システム開発センター
TEL:03-5414-8511

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら