田辺会頭より

Vol.65『3期目を迎えて』

本年10月末をもちまして、八王子商工会議所の役員議員任期が満了となり、11月1日開催の臨時議員総会におきまして、会頭に再任されました。誠に光栄でありますと同時に、身の引きしまる思いです。

今任期3年間、最善の努力をして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

私は2007年11月に会頭に就任し、以来2期6年を務め、今期で3期目となります。ここで今迄の2期を振り返ってみますと、日本はまさに激動の6年間であったと思います。

2008年は、リーマンショックによる世界同時不況、2009年には政権が交代するという政治の大きな変化、そして2011年3月11日の東日本大震災、それによる福島原子力発電所の事故という未曾有の災害の発生、どれをとりましても国の根幹をゆるがす大問題が立て続けに起こりました。

その結果、国民の意識は沈滞し、日本経済は大きく落ちこみ、まさに国の存亡にかかわる状態が続きました。

2012年末、自民党が政権に復帰し、安倍内閣が誕生、デフレからの脱却と日本経済再生を掲げ、力強いリーダーシップにより、ようやく先行きへの期待をもつことが出来る状態になりました。加えて、本年9月には2020年のオリンピック・パラリンピック招致というまたとないチャンスを掴み取ることが出来、ようやく激動の時代から、日本再生の時代になってきたのではないかと思います。

特に2020年のオリンピックに向かっては、国も、国民一人一人も、震災からの復興と日本再生という大きな目標を共通のものとし、心を一つにしていく、絶好の7年間にしていかなければならないと思います。

その為に、国においては、日本経済を再生し、世界の中で再び無くてはならない、尊敬される国に創り直して行かなければなりません。

一方、地域においては、それぞれが地域の活性化とまちづくりに真剣に取り組んで成果を出すことが強く求められています。

このような状況にある3期目となりますので、就任以来取り組んでおります「八王子のまちづくり」、とりわけ八王子の核、顔となる中心市街地の形成を確かなものとし、新たに、産業都市、観光都市八王子の具体像を明確に示して参りたいと思います。

さらに、10年後、20年後の八王子の鍵となる、「八高線・横浜線のシームレス化」の実現に向けての動きを加速化させなければなりません。

また、「地産・地消・地活」や地区活動の充実により、地域産業の活性化に、力強く取り組んで参ります。

これらを、新執行部を中心に、役員・議員各位のご協力と事務局職員の努力により、より充実した事業を展開し、さらに信頼され存在感のある八王子商工会議所にして参りたいと思っております。

皆様方の一層のご理解、ご支援をお願い申し上げます。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら