田辺会頭より

Vol.77『創立120周年記念事業は次へのステップに』

はじめに御嶽山での噴火により多くの方々が亡くなられました。心よりお悔やみ申し上げます。自然災害の恐ろしさを、またひとつ教えられました。

さて、10月は八王子商工会議所創立120周年記念事業が相次いで行われました。

10月5日(日)6日(月)7日(火)、会員事業所の皆さんを募っての記念旅行「北海道・道東2泊3日の旅」は台風18号により日本中が悪天候の中、北海道だけはほとんど影響を受けず、楽しい旅行になりました。

続いて、10月18日(土)19日(日)は、「楽しい、おいしい、学べる、みんなで体感・わくわくフェア」が開催されました。八王子商工会議所の7つの部会、女性経営者の会・シルクレイズ、サイバーシルクロード八王子がそれぞれのブースを設け、特色を活かした展示、販売、体験等を行い、特に未来を担う子ども達を対象とした催しに力を入れましたので、家族連れの方が多く訪れ、大変な盛況となりました。

今回の120周年記念事業のテーマが、商工会議所を会員事業所はもちろんですが、市民の方々に身近なものに感じていただこうというものでしたので、それがしっかりと実現出来たと考えております。

また、この「わくわくフェア」は毎年この時期に行っている「八王子メッセ・街道市」と合同開催といたしましたので、西放射線ユーロードの駅前から横山町公園までのすべてのエリアに出店ブースが立ち並び、また、近隣商店街などの連携イベントも開催され、圧巻のイベントとなりました。

20年前の八王子商工会議所創立100周年記念事業として設立した「八王子ファッション都市協議会」が産・官・学・市民の協働により、イベント事業を中心にまちの活性化を図るべく、様々な事業に取り組んでおります。なかでも、力を注いでいるのが、このユーロードを「イベントロード」にしたいという想いから、17年前から春のイベント「花と緑のまちづくりフェア」、夏には「八王子・夏の風物市」、秋の「八王子メッセ・街道市」などを中心市街地活性化イベントとして開催しております。

現在では、規模の大小はありますが、土、日曜日にはほとんど何かがここで行われるようになり、今や「イベントロード」と呼んでふさわしいものになったと自負しています。

今後は更に一歩進め、オープンカフェの常態化や、沿道の店先の有効利用によるワゴンセール等が可能になるよう、道路管理者である八王子市とも協議をはじめました。これが実現しますと中心市街地全体の活性化に広く繋がっていくものと考えております。そして、市民にとっても外来者からみても、魅力的で居心地の良さを感じる場所をまちの中にしっかりとつくることがそのまち全体の魅力発信になると思います。

いずれにしましても、10月に実施した記念事業が成功裏に実施することが出来、担当された役員・議員、そして会員事業所の皆様に感謝申し上げます。

更に、11月11日(火)に開催する創立120周年記念式典、記念講演会、祝賀会、また、11月22日(土)・23日(日)には「八王子フードフェスティバル・クーカル収穫祭」を実施します。

そして、創立100年周年以降の八王子商工会議所の歩みの記録、「記念誌」発刊と記念事業は続きます。これらすべての事業が、創立120周年記念としてふさわしいものとなり、次へのステップに繋がる事業になることを願っております。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら