田辺会頭より

Vol.98『責任を果たすことの重要性』

今年の夏は8月の後半から天候不順となり、特に9月に入ってからは、きれいに晴れた日はほとんどない状態でありました。

このような天候でしたが、7月末の「花火大会」から「八王子まつり」、9月の「踊れ西八夏まつり」、更に「おわら風の舞」と八王子の夏を彩る大きなイベントは雨にたたられることもなく開催され、いずれも盛況裡に終わることが出来ました。多分、私が会頭に就任してから初めてのことだったと思います。まさに天気の運にも恵まれた八王子でした。

また、この夏はこのような大きな行事を一つ一つ実施、参加しながらも、一方で八王子の新しいまちづくりに向け、着実に前進させる努力を重ねて参りましたので、いささか疲労感があります。

現在、八王子のまちの核、顔となる大きな2つのプロジャクトが進んでいます。一つは旭町・明神町地区に計画している新たな発想と構想で進めている再開発計画、もう一つは放射線ユーロードを中心とする中心市街地を八王子がもっている特性を生かしたまちにしていく再整備計画です。

八王子のまちは以前から八王子らしいまちづくりをと、言葉ではよく言われながら、何も具体化させずに経過して来ました。しかし、現在検討している計画によって、ようやく実現することが出来ると思っております。

尚且つ、これらによってつくり上げられたまちが、実際に機能していく為の組織として中心市街地活性化協議会や、MICE計画を推進する機構があわせて検討されています。

このようにハード・ソフトが相まって、計画が進んでいくことは、今迄にはなかったことで、会頭就任以来、言い続け、行動し続けてきた結果がここに実が結ばれようとしていることに驚きと感激をしております。疲れも霧散するような、そんな思いです。

このような仕組みが出来たのも、市長を中心とする行政や政治に携わる方も、勿論商工会議所を中心とした経済人も、八王子のまちを真に考えている人達の力が結集した結果だと思っております。

特に私が感じている今迄とは違うところは、行政が民の力を素直に受け入れたところだと思います。私が常々言っておりました、まちづくりは官だけで行うものでなく、官と民とが協働し、互いに責任をもって進めていくというところが今回機能したと感じています。

何事においても、人は責任を他のせいにしてしまうという傾向がありますが、まずは自らの責任をしっかり果たしていくことが重要です。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら