田辺会頭より

Vol.105『まちのにぎわいを彩る花とみどり』

平成29年度がスタートし、一ヶ月が経過をいたしました。

市制施行100周年の年にあたりますので、今年度は記念事業として、大小あわせて約120の多彩なイベントが行われます。それら事業の先陣を切って、26年振りとなる大相撲八王子場所が4月22日、エスフォルタアリーナ八王子で開催されました。前売り券が即日完売となる人気でしたので、当日は文字通りの満員御礼となる盛況でした。多くの市民の方々に喜んでいただけたと思います。

また、八王子商工会議所と八王子ファッション都市協議会が実施するイベントの第一弾は、21回目となる「花と緑のまちづくりフェア」が4月22日・23日(土・日)の両日に西放射線ユーロードで開催され、みずき通り春のフェスティバルとともに大勢の人で賑わいました。

翌日の24日(月)には市立第一小学校の4年生・5年生の児童による駅前シンボルロードの花壇の花植え、灌水が行われました。八王子の玄関口となるこの道路が、子供たちによってきれいに管理されているということを、是非とも知っておいていただきたいと思います。

この「花と緑のまちづくりフェア」は八王子商工会議所が放射線ユーロードをイベントロードにしていこうという思いから最初に行ったもので、定期的に開催されているイベントの先駆けとなりました。ユーロードでは現在、土、日曜日を中心に各種イベントが頻繁に開催されており、立派なイベントロードと言える状態になりました。夏の風物市(あさがお市)、秋の「八王子メッセ・街道市」と引続いて開催したことも大きな効果があったと思っております。

更に、現在のユーロードが大きく変わろうとしています。商工会議所は20年前に約束したように、イベントロードにした実績を背景に4年前石森市長 にこのユーロードのあり方、使い方を全面的に見直し、多くの人々が散歩してみたくなるような道路に変えていくように申し入れ、市もこの考えを受け入れていただきました。今年から公園の再整備をはじめ、植栽から路面の改良と順次進んでいくと思います。

そして、駅前のマルベリーブリッジのデッキもこの道に直結するようになり、文字通り、中心市街地のメインの道路としてふさわしい状態に変わっていきます。

20年前に始めたことが、ようやく実を結ぶこととなり、あわせるように、今年の市制100周年のメインの記念事業が9月16日から1ヶ月間にわたって開催される「全国都市緑化はちおうじフェア」です。期間中、八王子のまちが花とみどりで彩られ、多くの方々がまち歩きを楽しまれることを考えますと、私自身、20年は永かったけれど、苦労した甲斐があったと感慨無量の思いであります。

まさに継続は力だと思います。これからも思いを、そして、情熱をもってまちづくりを進めて行きたいと考えております。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら