田辺会頭より

Vol.109『かつてない賑わいの八王子まつり』

梅雨が戻ったのではないかと思わせる、8月らしくない日が続いた1ヶ月でしたが、市制100周年を飾る今年の八王子まつりは、8月4日の宵宮に始まり、5日、6日と盛大に開催されました。

不順な天候の中でしたが、不思議にもこの間だけは雨もなく、夏らしい陽気でしたので、街はお祭り一色になりました。市制100周年を祝っての特別行事として、八王子まつりの50周年に行った「山車総覧」が今年も実施され、前回より趣向を凝らした見ごたえのあるものとなりました。市制100周年の応援団長でもある、八王子観光大使の北島三郎さんも駆けつけていただき、一層の盛り上がりとなりました。

また、もう一つのお祭りの華である多賀神社宮神輿、通称千貫神輿も100周年を期に担ぎ棒をより長いものに替え、飾り紐も新調しましたので、より大きく豪華になりました。当日の担ぎ手も約1800名が参加しましたので、その担ぎ渡御は勇壮で、文字通り祭りの華でありました。

3日間で85万人という、昨年を5万人も超える最高の人出となり、まちは人で溢れ、大変な賑わいとなりましたが、お蔭様で事故もなく各行事が無事終了しましたことは、大変ありがたいことだと思っております。

八王子警察をはじめとする関係機関のご協力、交通安全協会をはじめ、多くのボランティアの方々、そして八王子まつり実行委員会の皆様に心より感謝申し上げます。

八王子まつりが終り、市制100周年記念のメイン事業である「全国都市緑化八王子フェア」、そして「市制100周年記念式典」と、いよいよクライマックスを迎える訳ですが、今まで実施されてきた事業と同様に、綿密な準備をし、順調に実施されるように今一度気を引き締めなければと考えております。

さて、八王子のまちづくりも旭町・明神町地区の再開発計画、放射線ユーロードを中心とした中心市街地活性化事業も、見えないところで、懸命な努力を重ねております。

これらの事業は、地権者や地元地域との調整という、ある意味では繊細で大変重要な作業が多い為、その内容を申し上げられず残念ではありますが、それぞれの立場で努力をし、確実に進捗しています。特に、中心市街地活性化事業については、そう遠くない時期に、概要を説明出来るところまで来ています。

当事者である私も、胃が痛くなる思いで説得をし、調整もして、あわせて我慢もして慎重にことを進めています。

これらを通して感じることは、行政(官)でない、(民)がボランティアとしてこれら重要なことにあたっていることについては、むしろ民なるが故に理解をしていただけることが、多くあるということを実感しています。

このように、常日頃から申し上げている、官と民との協働がいかに重要であるかをあらためて、申し上げておきたいと思います。

いずれにしましても、八王子のまちづくりが今迄にはなかった、新たな姿を目にしていただく日もそんなに遠くないと思っております。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら