田辺会頭より

Vol.117『まちづくりの波及効果を期待して』

平成30年度に入り、1ヵ月が経過いたしました。まちの中には新入社員や大学、専門学校の新入生の姿を見かけることが多くなり、何か新鮮な活気を感じ、我々にも若い力を与えてくれているような気がしております。

是非、皆さんが順調に成長され、企業にとっても、まちにとっても、そして国にとりましても大きな原動力になっていただきたいと願っております。

八王子商工会議所の事業としては、例年4月に行っている「花と緑のまちづくりフェア2018」を21日(土)、22日(日)の2日間開催いたしました。

晴天に恵まれてと言うよりも、むしろ暑いくらいの陽気となりました。

昨年、八王子市市制100周年記念のメイン事業として開催された「全国都市緑化はちおうじフェア」が一か月にわたり開催されましたので、そのレガシーによって、市民のなかに「花と緑のまち」という意識も高まったのではないでしょうか。市立第一小学校の児童をはじめ、例年以上の参加者となり、それぞれの事業もボリュームアップして、大きな盛り上がりとなりました。このフェアも今年で22回目となりますが、長く継続してきて本当に良かったと思っております。

そして、「みずき通り春のフェスティバル」も22日に行われ、暑い中大勢の人で賑わっておりました。これもみずき通り商店街の方々の長年にわたる努力の賜物だと敬服しております。

翌日の月曜日には、これも恒例となった駅前のシンボルロードの花壇の花植えを第一小学校の4、5年生が心を込めて行っていただきました。私からも、1年間の管理をお願いしました。

道行く人も車も、小学生が一生懸命に作業する姿を見て、花と緑を大切にしなければという気持ちになってもらえるのではないかと思っています。

さて、あまり知られていないことですが、八王子の伝統文化である中町花街の中心である見番(三業組合会館)が60年振りに改築をすることとなり、4月4日に建前式が関係者出席のもとに執り行われました。

これは「会議所だより」3月号に掲載した八王子市中心市街地活性化基本計画の重点事業となる中町花街の再整備計画の中の一つであります。

この計画を策定するにあたり、三業組合の皆さんと時間を掛けて話合いをし、ご理解をいただくことが出来ました。そのことにより、組合が自主的に、これに取組んでいただいたものです。心から感謝しております。

現在計画中の花街の再整備が実現すれば、この新三業会館とあわせて花街の風情を感じる街並みが出来上がり、多摩地域をはじめ周辺都市にはない八王子固有の文化を発信出来ますので、外国人観光客をはじめ多くの人々が訪れる八王子のポイントになることと期待しております。

私はこの中心市街地活性化の仕事を通して、机上でまちづくり論を語っているのではなく、本当に汗を流して働き、具体的に努力をした人たちによって出来るまちづくりが本物だと思っています。

常に申し上げていることは、計画した事業が完成しただけでは本当のまちづくりではなく、整備計画が進み実際に目に見えることにより、周辺の人々が期待し、それぞれの動きに波及していくことが本物のまちづくりと考えております。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら