田辺会頭より

Vol.121『他に学ぶ心を』

秋の彼岸を境にすっかり秋らしくなりました。9月15日には、第15回「おわら風の舞」が、放射線ユーロードを中心に行われました。いつも雨が心配されるこのイベント、今年も午前中からの雨で開催出来るかと心配していましたが、大きな影響もなく実施することが出来ました。

会場には大勢のおわらのファンの皆さんが集い、哀愁に満ちたゆっくりしたテンポの流し踊りを楽しまれました。何か行く夏を惜しむような独特の雰囲気が観客を酔わせるのではないかと感じます。会場となる西放射線ユーロードは、この踊りにふさわしい舞台のような気がします。

そんな雰囲気の中で、あらためて夜のユーロードを横山町から八王子駅の方に向かってながめますと、今年はこのイベントの為に設えた、柔らかな光のページェントがとても優雅に感じられました。このユーロードも、中心市街地活性化事業によって、これからの3年で更に素晴らしいものになっていく計画ですので、イベントによって色々と工夫を凝らしていくことが出来ることになります。八王子の中心市街地のメイン道路としての役割だけでなく、他のまちのどこにもない、憩いと安らぎを与えてくれる遊歩道路と言われるようになることを期待しています。

話は変わりますが、9月は毎年日本商工会議所全国会員大会が行われます。

今年も会場のホテルには、全国各都市から約1,800人が参加し、盛大に開催されました。折しも自由民主党総裁選と重なり、出席の政府並びに各政党の代表者の挨拶にも熱がこもっていました。

結果、安倍総裁の3選が決定し、日本の政治史上かつてない長期政権となるわけですが、是非この安定した政治状況のもとで、将来を見据えた、我国の重要課題をしっかりと前に進めて欲しいと願っております。

特に我々中小・小規模事業者にとっては、回復している日本経済が、中小・小規模事業者にも実感出来るよう、最善を尽くして欲しいと思います。

しかしこれを成すには、以前から申し上げていますように、国の政策だけで良くなることはありません。それぞれの地域の努力とが相まって、成せることだと思っておりますので、各自治体の首長を中心に、本気で取り組んでいるのか、そうでないのかによって、今後かなり差が出てくるのではないでしょうか。

八王子は東京圏にありますので、あまり地域が努力をしなくても、とりあえず何とかなった状況で来ましたが、これからはそうばかり言っていることでは済まされないと思います。外に出たり、外から学ぶことが苦手な八王子でしたが、これからは内だけを見たり、考えたりするのではなく、周辺都市も懸命な努力をしていますので、それらをしっかりと把握をし、八王子ならではのまちづくりや、産業振興の方向性を的確に打ちだしていかなければならないと考えます。

私も会頭職に就き、満11年になりました。

この間、日本商工会議所の重要な役職を仰せつかり、その立場で日本全国多くのまちに伺い、いろいろと勉強をすることが出来ました。

結論として、地方は本当に大変です。一方八王子は、東京圏という優位性に少し甘んじてきてしまったのではないかと思います。

また、各方面の大臣との懇談会にも出席し、直接意見交換をしました。

そして、経産省、国交省、内閣府等の幹部皆さんとも率直な話し合いをしてきました。そういう中で余談の部分で、八王子の話題が出てきます。それを一言で申し上げれば、皆さん一様に八王子のもつ可能性を大変評価しながらも、それを活かしていないことも率直に指摘されました。それらを踏まえて、在任中にしっかりと道筋をつけておきたいと思い、引き続き努力をして参りますので、率直なご意見をお寄せいただきますよう、よろしくお願い致します。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら