田辺会頭より

Vol.129『あるもの探しで地域の活性化を』

今年は、6月後半から気温と湿度が低いままの梅雨入りとなり、7月としては記憶に残っていない程の、日照時間の少なさと涼しい日が続きました。

昨年とは様変わりで、41.1度という最高気温を熊谷で記録したのが昨年の7月23日であったと思います。このような状態でしたので、梅雨明け後8月の蒸し暑さはかなり身体に応えます。充分な体調管理をお心掛け下さい。

3年という商工会議所議員任期も残すところ3ヶ月となり、現在任期中のまとめ、新しい任期に向けての準備が重なる形で進められています。

日本商工会議所の役を務めている私としては、八王子商工会議所と日本商工会議所両方の作業に追われています。7月は特に、日本商工会議所の件が多く、2つの委員会と全体での夏季政策懇談会が開催されました。

私が担当する委員会は、国が進める地方創生に深く関係していますので、次のステージに向けた「第2期地方創生まち、ひと、しごと総合戦略」の方針に対する商工会議所としての意見を反映させるための作業は大変重要であり、難しいものでありました。作業を通して感じることは、国も地方自治体も、あるいは関係する商工会議所等も、未来へ向かってどうするかという方向に少し偏りがちになる傾向は、否めないものではあると思います。

しかし、私はそれ以前にというか、その前段として、それぞれの地域がもっている特性や資源をしっかり見つめ直すことが必要だと考えます。これらは、その地域の生い立ちであり、今日迄の歴史でありますので、しっかりと掘り起こし、活用すべきものと考えます。良く言われる、無い物探しではなく、有る物探しでなくてはいけないと思います。

そうでないと、どのまちも地域も同じような方向を目指し、同じようなことを行っていくこととなり、結果として失敗するケースが多くなるのでは、と危惧しております。

IoT、AI、5Gといわれる現在、これらを活用するにしても、地域のもっている特性と組合せ、地域資源をより良く、イノベーションすることをしっかり考え、行動することによって、それぞれのアイデンティティが確立されていくのではないでしょうか。

特に、まちづくりに置き換えれば、これらがベースになったまちづくりでなくては、人も仕事もそこに集まってくることは考えられないと言っても過言ではありません。

私も、役務上多くのまちにお伺いしましたが、地域特性を生かし、地域資源を活用しているまちは、伺うと妙に落ち着くものを感じます。第2期地方創生総合戦略の大事な要素と考えています。

さて、八王子ですが、7月6日(土)に機守神社例祭が大谷町大善寺で今年も執り行われました。機守神社は地場産業の八王子織物の鎮守様と言っていいと思います。八王子地域を支えてくれた繊維織物ですから、こういった伝統行事が脈々と受け継がれていることを、もっと多くの人々に知っていただきたいと願っております。

また、7月6日(土)7日(日)は、第18回となる「八王子夏の風物市(あさがお市)」が西放射線ユーロードで行われ、あわせて近隣の商店街では、浴衣で楽しむ七夕祭り等、夏の始まりを告げるイベントとなり、今年も大勢の人で賑わいました。芸妓の皆さんも毎年お手伝いいただき、最も八王子らしいイベントと自負しております。

もう一つ、今年は八王子青年会議所が7月7日(日)に同様にユーロードを使って「伝統文化新発見フェスタ(ORIMONOとともに)」が開催されました。八王子のもつ伝統文化、伝統産業を新しい視点で、見直していこうというもので、あいにくの冷たい雨の中でしたが、トライした青年会議所の皆さんに敬意を表したいと思います。

我まち八王子もようやく、若い世代を含め、長い歴史、伝統文化、伝統産業を勉強してみようという空気になってきたことは、大変うれしいことと感じております。

これからも、まち全体でこの様な動きが更に活発になることを、期待しております。

お電話でのお問い合わせ

042-623-6311

平日午前9時~午後5時30分
(土・日・祝祭日、年末年始は除く)

メールでのお問い合わせ

フォームはこちら