支援事例 (ご利用者さまの声)

【創業塾卒業生】
    東浅川町  デイサービスRionさま 
 2011年の大震災による原発事故で故郷福島を離れ、八王子でデイサービスを始めることになり自然な手当法」「野外歩行」「作業療法」等を取り入れ、身体能力の向上を図るアットホームなデイサービスを行っています。

突然の震災で故郷を離れざるを得ず、東京には身近な協力者や仲間がいない中、創業に際しビジネスお助け隊が支援する『本気の創業塾』で経営ノウハウを学びました。
しかし、十分な準備期間、資金が無く、集客ができずに経営危機に陥りました。その様な中、ビジネスお助け隊によるプロジェクトチームから、開業後も各種手続き、利用者発掘の広報活動、HP作成、融資相談、ボランティア支援など多岐にわたりご指導・ご協力を頂き何とか軌道に乗せる事が出来ました。
このご支援がなければ、今日の活動はあり得ませんでした。本当に感謝しています。

この事例の詳細はこちら


【リーダー育成塾参加】
    下恩方町  富士プリント工業株式会社さま 
 当社はプリント基板のトータルソリューションカンパニーとして、国内に留まらず近隣アジア諸
国でもその最先端技術力で高い評価を得ております。
 言うまでもなく、そうした技術力を生み出し高めているのは「人材」に他なりません。そのため、
あらゆる階層における社員のレベルアップが欠かせませんが、中でも現場力を支えるリーダーの育成は極めて重要です。ビジネスお助け隊の「リーダー育成塾」に社員を毎年(毎期)派遣し続けている理由もその点にあります。当社の卒塾生も、お陰様で初回からこれまで11名を数えるに至りました。
 当社も自社独自の階層別教育を実施していますが、人的規模や経営資源の制約等でまだまだ充分とは言えません。そのような現実の中で、「リーダー育成塾」は当社研修プログラムの補完と充実を図るうえで大変有り難いものでした。地域中小企業振興のためには助成金等をメインとした支援も重要ですが、人材育成という側面からの支援もそれに劣らず重要になってきます。
リーダー育成塾」も今年で丁度10年(期)の節目を迎えるとのことですが、今後ますますの充実と盛況を願ってやみません。

この事例の詳細はこちら


【小規模事業者持続化補助金支援先】
    館町  コンビニエンスストア 株式会社黒沢商店さま  
 他店では入手が難しい、自家製葡萄の販売による販路開拓を希望し、小規模事業者持続化補助金申請で、アドバイザーの方にメール4回と2回の面談にご指導いただききました。申請の採択は勿論ですが、ご指導頂いたことで「文章作成力強化」 「自社の強みの明確化」ができ「自信」を得ることができました。
この事例の詳細はこちら


【小規模事業者持続化補助金支援先】
    八幡町  婦人肌着小売 有限会社ポッパナ(屋号イツミヤ) さま 
 冷えに悩む特に高齢の女性がいつでも「暖か肌着」をお求めいただけるよう、当店では年間を通じ豊富な品揃えを取り揃えています。雑談を交えた商品選びのご相談をいただける、「和みのコミュニティー空間のある女性用あったか肌着店」の広告宣伝費用を小規模事業者補助金で申請するため、セミナーと個別相談会に参加しました。
相談員の方からは、申請書の審査員を意識した記載方法、効果試算のロジックなど解り易く面談とメールでの添削指導をいただき、無事申請が採択されました。

この事例の詳細はこちら