浅川・横山・館地区


東京高専研究室&新市民体育館を見学

 去る5月29日、「浅川・館・横山地区」にて事業を行う会員事業所を対象に、理工系エンジニアの教育機関として、昨今は「ロボットコンテスト全国大会」でも実績のある「東京工業高等専門学校(東京高専)」、また現在京王線・狭間駅前にて建設中の新市民体育館の施設見学会を開催しました。


kosen.jpg
 東京高専の見学では、機械工作の実技や受託加工の請負、また全国の高専としても珍しい「鋳造設備」を備える「ものづくり教育センター」、自立移動ロボットや加増処理研究を行っている青木・多羅尾両研究室、電界技術を用いた殺菌・消臭の北折研究室を見学、学生から現在の研究テーマや課題をお伺いしました。斉藤副校長は「これからは、社会課題解決ニーズに沿った研究のできる学生が必要」と述べ、「教育機関として殻に閉じこもるのではなく、地域社会と連携していかなければ」と地域企業や住民との連携の必要性を語ります。今後、地域中小企業の未来を支える貴重な人材として、少しでも多くの高専卒業生が八王子で活躍できるよう、当会議所としても積極的に企業との接点作りを進めていきます。


kagaku.JPG

 


その後、狭間駅前に移動し、7月に竣工予定の新市民体育館の建設現場へ。監督管理を行う大成建設の担当所長より、メインアリーナとサブアリーナ、地下駐車場等を順次案内いただき、施設の概要と今後のスケジュールについて説明がありました。

taikukan.jpg

施設は、建築面積9800㎡、延床面積23000㎡の地上4階建てです。メインアリーナ3000㎡(観客席2100席)、サブアリーナ2200㎡(観客席700席)。駐車場150台の他「運動広場」も備え、臨時駐車場として200台収納可能とのこと。残り2カ月、浩司も終盤に差し掛かっており、市民のスポーツ・レクリエーション活動を支える全国大会も開催可能な集客拠点として、地元企業の期待も高まっています。こうした地域交流会は、地域情報の提供と会員交流事業として、今後も随時開催していきます。


狭間駅前体育施設説明会&蛇の目ミシン工場見学会実施

 

平成24年9月11日、浅川・館・横山地区では京王線狭間駅前に建設予定の市内で3つ目となる新体育館等整備事業の説明会と八王子を代表する老舗ミシンメーカー「蛇の目ミシン工業」本社工場の見学会を実施しました。

 

CIMG1152.jpg

 

当日は狭間駅前の運動場を視察後、蛇の目ミシン工業会議室において、八王子市のご担当者と施設の指定管理会社(住友不動産エスフォルタ)の方より施設について詳しくお話をいただきました。

 

 

CIMG1162.jpg

 

広大な敷地面積(25,000㎡)にはメインアリーナ棟(3,000㎡)とサブアリーナ棟(2,200㎡)、運動広場(4,900㎡)を擁し、国際大会や有名スポーツ選手の招聘を行い、地域と密着した活動に主眼をおき、八王子を盛り上げようと様々な取り組みを考えています。

工事着工は平成25年4月、オープン(供用開始)は平成26年10月を予定しています。

 

続いて、八王子に本社を置き、グローバルに事業展開を行うミシン老舗メーカー「蛇の目ミシン工業」の視察を行いました。

 

CIMG1170.jpg

蛇の目ミシン工業 眞壁社長

 

冒頭、眞壁社長よりご挨拶をいただき、同社の変遷や八王子への思いを語っていただきました。

同社では、ミシンをはじめ産業機器(プレス機や卓上ロボット、スカラロボットなど)や24時間風呂、教育教材など多岐にわたり開発・販売を行っています。

工場では、研究開発を行う各分野ごとに視察し、同社の技術力とものづくりへの意欲の高さを感じることができました。

 

その後、今年4月にオープンした「高尾駒木野庭園」を散策しました。園内では園長の中村様より概要や特徴などのお話を伺いました。

 

CIMG1176.jpg

 

交流会では参加者同士で名刺交換を行い活発な交流を深めました。

 

  

 

地域情報セミナー&交流懇談会開催

平成24年3月15日、浅川・館・横山地区では地域経済を支える交通インフラについてのセミナーと会員相互の交流を深める懇談会を開催しました。

 

CIMG1011.jpg

 

今年3月25日、高尾山インターチェンジ(IC)が開通します。高尾山ICは中央道八王子ジャンクションと城山IC仮称(圏央道)、八王子南バイパスと接続され、東西南北の交通アクセスが大きく変わる結接点になります。

 

CIMG1006.jpg

 

そこで、高尾山IC開通前に、開発工事を手掛ける「相武国道八王子事務所」担当者を招き、高尾山ICの役割や今後の開発、八王子南バイパスの進捗状況などお話いただきました。

セミナー終了後、懇親会を開催し、28名の参加者は名刺交換やプレゼンなど活発な交流を深めました。

 

003.jpg

 

■高尾山インタージェンジ情報

 

地産・地消・地活交流懇談会を開催

 浅川・館・横山地区では、会員相互の需要と供給を創出する"地産・地消・地活"を目指す「地産・地消・地活交流懇談会(ビジネス交流会)」を平成23年10月12日に京王線高尾山口駅前のFumotoyaで開催しました。

 

A_1.jpg                          地区会長 樫﨑 博

 

 当日は34名の出席をいただき、前半は13社による企業PR(プレゼン)、後半は立食による交流懇談会を開催しました。

 

A_2.jpg 

  

A_4.jpg

 

  同じ地域で活動するユニークな企業やこだわりのお店、技術力の高い企業など、私たちの近くにはまだまだ知らない企業がたくさん活躍されていることに驚かされました。

 

 

A_3.jpg

 

 交流懇談会では、プレゼンで発表された企業に商談の話が結ばれるなど、早くも"地産・地消"につながる出会いの場となり、参加者から喜びの声もありました。

 同地区では、今後も交流会や勉強会を通じて更に地域を盛り上げていく予定です。

 

【日 時】 平成23年10月12日(水)午後6時~8時30分

【会 場】 京王高尾山口駅前 Fumotoya(ふもとや) 《八王子市高尾町2241  ℡667-7568》

【内 容】

第一部 ビジネス交流会(企業PR) 午後6時~7時

     参加企業(希望企業)が自社の製品、技術、サービス、販売品等のプレゼンテーションを

     していただきます。

    (プレゼンの持ち時間は参加者数により調整いたします。概ね3分前後)

第二部 交流懇談会 午後7時~8時30分

     立食形式で、名刺交換やプレゼンテーションを補足するマッチング、交流の場の情報

     交換会です。

 

 

※お問合せ 八王子商工会議所 浅川・館・横山地区担当事務局

        (担当:小松・小野・落合)Tel:623-6311 Fax:626-8138