貿易証明のご案内

貿易証明のご案内
証明発給の流れ ・貿易登録(法人 個人 代行業者 証明料金
登録の更新手続き 登録事項の変更及び署名者の追加・変更
罰則規定 認証規程 原産基地規則

原産地証明につきましては、東京商工会議所HPにも詳細が記載されています。
東京商工会議所 証明センター(貿易関係証明 初めての方へのご案内)
※原産地証明書は、各地商工会議所所定の専用様式を使って申請してください。

【各種フォーマット】

無料でダウンロードできますので、どうぞご利用ください。ご利用の際は必ず下記のダウンロードに関するご注意を読み、同意された上でご利用ください。なお、パソコン・プリンタの環境によっては正しい位置に印刷できない場合があります。その場合は微調整をして印刷ください。

ダウンロードに関するご注意
当所(八王子商工会議所)はファイルのダウンロード及びファイルを使用したことに起因する、コンピューター・OS等のいかなる不具合・故障に対しても一切責任は負いません。

  • 証明申請書(PDF版
  • 原産地証明書用入力フォーマット(Word版
  • 取引先等への放射生物質に係る証明書 Word用(Notice版Certificate版

【重要なお知らせ】

※貿易関係証明一部改訂(2010年4月1日より実施)
 原産地証明の一部変更がありました。マニュアルも新しいものをご用意してあります。
 詳しくはお問合せください。主な改訂内容はこちら(PDF版)をご覧ください。


  1. 商工会議所の証明とは

    商工会議所では、貿易関係業者の皆様の貿易取引の便益に供するため、原産地証明書をはじめとする貿易関係の証明を長年にわたって発給しております。これは、商工会議所が商工会議所法に基づく公的な団体として、貿易取引の円滑な進展に資することで、わが国の地域経済の振興と発展に寄与することを求められるとともに、商工会議所(商業会議所)という国際的な広がりを持った組織であることを背景としています。商工会議所は、経済産業省の指導の下に公正かつ厳正な発給を行い、国際的な責務を果たす必要があります。

  2. 各種貿易証明

    1.原産地証明

    原産地とは貿易取引される商品の国籍のことです。
    すなわち、原産地証明書とは「貿易取引される商品の国籍を証明する書類」のことです。原産地証明書が求められるのは、主に、(1)輸入国の法律・規則に基づき輸入通関の際に必要とされている、(2)契約書、信用状(L/C)の指示で必要とされているといった理由によるものです。なお、このように原産地証明書は商品の国籍を証明することを目的とした書類ですので、「契約どおりの商品である」「商品価格は適正なものである」といった原産地証明書の本来の目的とは関係のない文言は記載できません。 ※信用状(L/C)等でこうした記載を求められている場合には、条件を変更するようにしてください。

    2.サイン証明

    申請者が書類上に肉筆で自署したサインが商工会議所に登録されているものと同一であることを証明することにより、その書類が正規に作成されたものであることを間接的に証明するものです。

    3.インボイス証明

    商業インボイスをはじめとする各種インボイスや船積関連書類などが、その発行者により正規に作成され、商工会議所に提示されたという事実を証明するもので、内容には一切関与しないものです。


貿易証明のお問い合わせは、業務部 原産地証明担当まで
電話:042-623-6311 FAX:042-626-8138
Eメール:syoumei@hachioji.or.jp